アイテム管理

アイテム管理」タブをクリックすると、アイテム管理画面が表示されます。

アイテムタイプ管理


表示順序設定

インデックスに属するアイテムの表示順序を設定することができます。

「表示順序設定」タブをクリックし、「インデックスツリー」から表示順序を設定するインデックスを選択します。
選択したインデックスの直下に配置されているアイテムの一覧が表示されます。

表示順序設定


「↑」または「↓」ボタンをクリックすると表示順序を変更・設定することができます。

表示順序設定



表示順序設定


【注意】
 インデックス検索時に上記のカスタム順序で表示を行うためには、ソート順序を「カスタム」に設定する必要があります。
 インデックス検索時のソート条件は WEKO管理画面 > 表示設定 > 検索結果表示設定 にて設定が可能です。
 こちらの変更もあわせて実施してください。


一括エンバーゴ設定

インデックスに属するアイテムの「ファイル」属性にライセンスおよびエンバーゴを一括設定することができます。

「一括エンバーゴ設定」タブをクリックし、「インデックスツリー」からライセンスを一括設定するインデックスを選択します。
アイテムの「ファイル」属性に一括設定するライセンスを設定します。
ライセンスの設定についてはアイテム登録 ライセンス設定をご覧ください。
「サブインデックスにも適用する」にチェックが付いている場合、再帰的に子インデックスに所属するアイテムにもライセンスおよびエンバーゴが一括設定されます。
「決定」ボタンをクリックすると、ライセンスおよびエンバーゴの一括設定が実行されます。

一括エンバーゴ設定


一括削除

アイテムを一括削除することができます。
選択したインデックスに属するアイテムを一括削除する方法とキーワード検索で条件に一致したアイテムを選択して一括削除する方法の2通りがあります。

「一括削除」タブをクリックすると左側にキーワード検索欄とインデックスツリーが表示されます。


一括削除タブ


キーワード検索から一括削除

キーワード検索で条件に一致したアイテムを選択して一括削除することができます。

「キーワード検索」と「全文検索」どちらかの検索方法を選択します。
キーワードを入力して「検索」ボタンをクリックすると、検索条件に一致したアイテムの一覧が表示されます。
削除したいアイテムのチェックボックスを選択します。
 ※表のヘッダーにあるチェックボックスにチェックを入れると表示されているチェックボックス全てが選択されます。
「アイテムを削除」ボタンをクリックすると、アイテムの一括削除が実行されます。

検索削除_設定


一括削除を実行すると削除した件数が表示されます。
検索条件に一致するアイテムで削除されていないものがあれば表示されます。

検索削除_実行後


インデックスから一括削除

インデックスに属するアイテムを一括削除することができます。

「インデックスツリー」からアイテムを一括削除するインデックスを選択します。
「サブインデックスのアイテムも削除する」にチェックが付いている場合、再帰的に子インデックスに所属するアイテムも削除されます。
「アイテムを削除」ボタンをクリックすると、アイテムの一括削除が実行されます。

一括削除


DOI一括付与

インデックスに属するアイテムに一括でDOIを付与することができます。
DOI一括付与を利用するためには、DOIを自動発番で付与できる設定にする必要があります。
自動発番については、アイテム登録をご覧ください。
DOIを自動発番で付与できるようにするためには、repository/config/define.inc.phpの_REPOSITORY_WEKO_DOISUFFIX_FREEをfalseに設定します。

「DOI一括付与」タブをクリックし、「インデックスツリー」からDOI一括付与を行うインデックスを選択します。
選択したインデックスの直下に配置されているアイテムのうち、DOIを付与できるアイテムの一覧が表示されます。
DOIを付与したいアイテムのチェックボックスをONにし、「DOI付与」ボタンを押下するとDOIが一括付与されます。

DOI一括付与


すべてにチェックを入れる場合は、DOI名下部のチェックボックスから実行することができます。

DOI一括付与


WEKO Help Top